格安iPhone修理が可能な理由


格安でiPhone修理が可能なスマートリペアと、アップル社を比較してみました。

iPhoneに不具合が出ると、基本的に「iPhoneの修理はアップル社へ依頼」という人も多いと思います。ご存知の人もたくさんいらっしゃるかと思いますが、アップルでの修理は非常に高額です。アップルに修理依頼すると、故障箇所を修理して返却されるのではなく、新しい端末に丸ごと交換されて返却されます。主に液晶ガラスなどの修理料金は23,000円前後、バッテリーの交換だけで約9000円になります。

そのようにアップルでの修理は高額なため、全国的にiPhoneの格安修理業者が増えています。液晶部分(タッチパネル)が割れてしまった場合は、アップルの修理なら最低でも2万円以上必要になりますが、スマートリペアでは数千円とかなり格安で修理を承っています。

一般的な修理業者でiPhoneを修理や改造をすれば、アップル社のサポート対象外になります。しかしながらアップルの保証期間は1年です。しかし保証期間内にiPhoneが故障し、アップルの顧客サポートへ連絡すると、何らかの理由で修理料金を徴収するという例が増えています。無償保証期間としながら結局は有料なのです。

その点、大阪、京都、兵庫、滋賀に店舗を展開する格安修理のスマートリペアは、店舗内装などはお金をかけておりません。派手な看板などもありません。その分お客様に還元できるように、お客様とのコミュニケーションを図りながら、格安で即日修理をモットーに営業をしています。

スマートリペアの店舗数が増加していき、業務を拡大していく中で、「大阪、京都、兵庫、滋賀でiPhoneの事ならスマートリペア」という評判も、おかげさまでよく耳にするようになりました。フェイスブックにてたくさんの「いいね」をありがとうございます。
スマートリペアではお客様が修理業者と顔を合わせ、安心して格安にて修理を依頼できる事は非常に重要だと考えています。

アップルでの修理保証期間期間を超えた場合のデメリットは?


iPhone修理専門業者、業界全般的に言える事ですが、「修理の品質は信頼できるか?」という心配や疑問があります。修理業者では、新品と交換するアップルの修理とは違い、故障箇所の部品のみを交換しています。

液晶部分の修理では、修理業者によっては画面の色味がやや変わって見えるケースがあります。アップルが使用している純正の部品とは別の液晶を仕様することになるからですが、スマートリペアでは純正の部品とほぼ見た目は変わりません。また、ボタン類など他の部品の不具合もスマートリペアでの格安修理のほうが、コストパフォーマンス的には圧倒的に優秀です。

最近ではバッテリー・リチウムイオン電池は安全面でも容量でも進化しています。非常に危険性のあるトラブルはほぼ無いと思います。しかし修理業者でバッテリー交換する場合は、その業者で電池交換した人の口コミ情報をネットで調べるなどして、安全面を調査した上で利用した方が賢明です。スマートリペアへ来店されたお客様で、他社業者にバッテリー交換を依頼し、技術面で問題が起こっていた事がありました。

結論としては、アップルの保証期間(1年)を過ぎている場合は、結局正規の修理となり高額になりますので、格安修理業者を利用するほうがメリットは大きいかと思います。

iPhone修理業者を選ぶポイント


修理業者の中でも、格安対応と即日対応、お客様とのコミュニケーションなどの面で「どの修理業者へ依頼するか」という点ですが、ウェブ上での口コミやフェイスブックの「いいね」の数、ブックマークなどの数で判断される事も懸命かと思います。

スマートリペアでは、できる限り格安で即日修理としてお客様が安心して修理を依頼できる環境を整えています。まずはフリーダイヤルにてご相談ください。スマートリペアでの修理料金についてはこちらをご覧ください。


スマートリペア各店にご連絡の上、ご来店お願いいたします。

修理店舗一覧はコチラ