水没!そんなときは

まかせてくん6

今日は最近とくに多い、iPhone水没についてお話させていただきます。

 

トイレに落した!

料理中水滴がついた!

雨の日、ポケットが濡れて、iPhoneが動かない

 

など、さまざまな水没事故があります。

 

とくに最近多いのが、料理中の事故です。

iPhoneは料理アプリ等がたくさんあり、大変便利ですが、レシピを見ながら料理をしていると

水にぬれる可能性が非常に高いです。料理中はジップロックに入れるだけでも事故をふせぐことができますよ。

 

でも、いくら注意していても、うっかり水にぬれてしまうことがありますよね。

 

そんな時絶対にやってはいけないこととして

 

①電源を入れてみる

②充電してみる

上記2点はかなりの確率でメイン基盤がショートしてしまい、内部プログラム以上が発生してしまいます。メイン基盤がやられると、修理復旧率が格段に下がってしまいますので特に気を付けてください。

③そのまま使う

その時は大丈夫でも、内部には必ず水滴が入っております。ほうっておくと湿気により錆が発生し内部腐食が始まります。

 

iPhoneが水に濡れた!そんな時!

①充電コネクター部分・SIMカード挿入口・スピーカ周りをティッシュなどでふき取ります。

②海苔などに入っている乾燥材を家じゅうからかき集めて、ビニール袋にiPhoneと一緒に入れてください。

③できるだけ早くスマートリペアにお持ちください。

 

スマートリペアではiPhone修理技術教育を受けた専門スタッフが水没対応いたします。

100%復活とはいきませんが、早急の処置で復旧する可能性は高いです。

基盤の錆を落として、内部クリ―ニングを施します。