注意!iPhone6 Plus は手でも曲がっちゃう!

まずはこちらの画像を見てください→

iPhone6 Plusの強度はこんなに低いのか・・・!と思ってしまいます。
そうなのです、アイフォン6のプラスモデルは、歴代モデルのなかでも6に次ぐ薄さなのですが、サイズが極端に大きく、曲がってしまうことに対する強度には最も低いのです。
ツイッターなどでも、パンツの後ろポケットに入れていて、そのまま椅子に座ったらポキっといってしまった!曲がってしまったぁ!などという多数のツイートがされています。
他のiPhoneから乗り換えた場合はその強度の面を配慮したほうが良さそうです。

ちなみにケースに関しては、アップルから新作が発売されています。
革製とは思えないほど軽量で薄型のアップル純正のケースです。

まずこのケースを手にして驚くのは軽さと薄さです。
天然皮革ということでなんとなくゴワつきがあったり重いイメージが沸くのですが、実際に重さを計ると16.6グラムしかありません。iPhone5に比べるとiPhone6のが重いのですが、ケースの重さはたいして変わりません。ここらへんでも改良、軽量化されてきていますね。
しかしネックなのは強度・・・ここをなんとかしてくれれば!