iPhone6のバッテリーを長持ちする技6選!

そろそろ新iPhoneが発売される予定ではありますが、まだまだ活用されているiPhone6のバッテリーをできる限り長持ちさせる技6つを紹介します。


①画面の明るさを調整する

画面が明るければ明るいほど、バッテリーの消費は増えます。もちろん画面の見やすさは大切なので、見やすさと明るさのバランスを考えて調整します。

周囲の明るさに応じて、画面の明るさを自動調整する機能も利用すると便利です。

・[設定]-[画面表示と明るさ]で[明るさの自動調節]をオン


②Wi-Fiを利用する

3Gや4Gなどのモバイルデータ通信を利用するよりも電波検索などの消費電力を抑えられます。

ただし、常にWi-Fiをオンの状態にしておくのは危険です。

・[設定]-[Wi-Fi]

・[設定]-[Bluetooth]


③「バックグラウンド処理」をオフにする

通常は使っていないアプリがバックグラウンドで動いています。当然、動いているのでバッテリーを消費します。

「バックグラウンド処理」は、一括してオフにするか、アプリごとにオフにするか、ユーザーが選択できます。

・[設定]-[一般]-[Appのバックグラウンド更新]


④アプリからの通知をオフにする

メールやメッセージの着信などを通知する機能は、すぐに気がつくことができて便利です。しかし、スマホを使用できない仕事中などに頻繁に通知が届くと、そのたびにスリープ状態が解除され、ムダにバッテリーを消費してしまいます。

本当に必要なアプリの通知のみをオンにして、そのほかはオフにしましょう。

・[設定]-[通知センター]


⑤自動ロックは「1分」に

スマホを使い終わったら、スリープボタンを押して即スリープモードにすることで、バッテリーの消費を節約できます。

・[設定]-[一般]-[自動ロック]


⑥高温を避ける

本体の高温放置は、故障や駆動時間が減る原因になることがあります。

スマホを長時間使用したときや、充電中に温度が上がったときは、スマホケースを外したり、使用や充電を中断したりしましょう。