容量確保の救世主?!「iOS 10」でプリインストールアプリが削除可能に。

今年秋にリリース予定のiOS 10ではプリインストールアプリ(Apple購入時から入っている固定のアプリ)の削除が可能になるのだそうです。

 

「iOS 10」の開発者向けベータ版も既に公開されていて、サポートページの内容によるとベータ版でも、これまで削除できなかったプリインストールアプリが削除できるようになっています。

対象となるアプリは以下の23個で、削除方法は従来どおりアイコンを長押した時に表示される「×」マークをタップするだけです。

 


1.メール 2.マップ 3.ミュージック 4.ニュース 5.計算機 6.カレンダー 7.連絡先 8.FaceTime 9.ボイスメモ

10.天気 11.Watch App 12.ビデオ 13.ヒント 14.株価 15.コンパス 16.友達を探す 17.リマインダー 18.Podcast

19.iBooks 20.iCloud Drive 21.Home 22.iTunes Store 23.Notes

 

これが本当に実装されるのであれば、容量も大幅に削減できるのでは…!?と、ちょっと期待が膨らみますよね!

 

しかし、その後の動向を見ていたところ、実際のところはホーム画面からアプリが消えるだけ。

アプリの機能はiOSの一部として残り続けるそうで、プリインストールアプリの削除で容量の大幅な確保は難しいようです。

 

ちょっぴり肩透かしをくらった気分ではありますが、若干の容量確保と、ホーム画面をスッキリさせられるというメリットはありますので、使用していないプリインストールアプリがある方は削除を試してはいかがでしょうか。