iPhone7(仮)は16GBモデル廃止に?!

大手経済新聞のThe Wall Street Journalによると、iPhone 7(仮)ではストレージ容量の16GBモデルを廃止し、は32GBモデルからの販売になるとしています。

 

きっかけは、Appleユーザーが抱えている容量不足の問題から起こるクレームだったそう。

私も16GBモデルを使っているのですが、写真、動画、音楽、アプリと使えば、容量はあっという間にパンパンです。

 


写真や動画はグーグルフォトがなかったら、毎日容量不足の表示にイライラしながら生活していたことでしょう。

それでなくても、端末容量が足りないせいか、容量の大きいアプリは割りと初回起動時に動かないなんては事よくあります。

そんな問題を抱えるユーザーは私だけではなかったんですね。

 

ちなみにiPhone6や6 Plus、iPhone6sや6s Plusの場合は、16GB、64GB、128GBモデルで発売されています。

使い勝手の良さそうな32GBモデルがなかったんですね。

 

自分の今の状況を考えると、次にiPhoneを購入する時には32GBモデルくらいが丁度いいのかなと思います。

他のストレージサービスを駆使しながら使えば、上手くやっていける気がしています。

標準搭載アプリを任意のダウンロードにしてくれれば、多少は快適になりそうですが、現状は期待できません。

 

今、16GBモデルを使っている方で容量に不満をお持ちの方は、次回迷わず32GBモデルを購入することをオススメします!