iPhone6、6plusユーザーが知っておくべき不具合、通称「タッチ病」とは?

iPhone6/6plusユーザーのみなさんにはちょっと怖いお話しになりそうです。

今iPhone6/6plusユーザーの間では、タッチスクリーンに関する動作不良の報告が頻発しています。

通称「タッチ病」と言われるものです。

 

この動作不良は、画面上部にグレーのラインがノイズのようにジリジリと表示され、それ以降タッチ操作が不能になるというものです。

 


この現象について、アメリカにある電子機器や家電製品などの修理情報を提供するWebサイト「iFixit」は、基板の製造上の問題だとしています。

簡単に言うと、iPhone5sまでは頑丈に固定されていたタッチスクリーンを制御するチップが、iPhone 6/6Plusでは簡易的に取り付けられる方法が採用された為、それにより固定が甘くなってしまいチップが外れやすくなったことで動作不良が発生するというものです。

なお、この件についてApple側はそういう問題は認識していないという姿勢で対応しています。

 

もし、同様の現象が発生したユーザーがいましたら、修理の際にタッチスクリーンを交換や、場合によっては端末自体を交換、新しい機種への乗換えの検討をする必要が出てきそうです。