【iPhone7、7Plusの疑問】防水・防塵機能って一体どれくらいの耐久性なの?

以前もお話ししましたが、iPhone7/iPhone7 Plusに待望の防水・防塵機能が搭載されました!

 

でも、この耐性って一体どれくらいのものなのか、いまいち想像がつきませんよね?

一般的な携帯メーカーのページだと、「こんなシーンでも使えます!」といった例をいくつかあげて紹介してくれるのですが、iPhone7/7Plusのページではあまり詳細には記載されていないようです。

 


そこでiPhone7/iPhone7 Plusの仕様項目に書かれていた、「IEC規格60529にもとづくIP67等級」から調べてみました。

 

まず、IECは「International Electrotechnical Commission(国際電機標準会議)」の略です。

電気や電子技術に関する規格を策定する国際的な標準化団体で、「60529」の部分は規格なんだそうです。

 

次に「IP〇〇」という部分は、その製品がどのくらい水や塵への耐久性があるか示しています。

「IP」の後に続く3文字目は防塵に関する等級になっていて、0~6でランク分けされています。

4文字目は防水に関する等級になっていて、0~8でランク分けされています。

どちらも数字が大きいほど、耐性が高いとされています。

 

iPhone7/iPhone7 Plusの防塵に関するランクは6で「粉塵が内部に侵入しない構造」、防水に関するランクは7で「規定の圧力、時間で水中に浸漬しても有害な影響をうけない。」とされています。

そう考えるとiPhone7/iPhone7 Plusってなんだかすごいタフなヤツに思えてきますね!

 

…ただし、この耐性は永続的に維持されるものではないそう。

Appleでは水濡れによる損傷は保証の対象としないとしているので、あまり無茶はしないように気をつけて使用してくださいね!