iPhone7/iPhone7 Plusユーザーはどのようにイヤホンを使うのか…?調査結果が興味深い

以前もお話ししましたが、iPhone 7/7 Plusでは防水・防塵機能追加の影響かイヤホンジャックが廃止されました。

これにより同梱のLightning - 3.5mm変換アダプタを使用しイヤホン使うか、Bluetooth専用のイヤホン、Lightning端子のイヤホン、ワイヤレスイヤホン「AirPods」等をいずれかを用意する必要があります。

そこでちょっと気になるのが、他のiPhone 7/7 Plusユーザーはどのようにしてイヤホンを使う予定なのかです。

 


モバイル総合情報サイトの「ITmedia Mobile」が、Twitterユーザーに向けたアンケート調査では、全体の40%が愛用品を変換コネクタ(同梱のLightning - 3.5mm変換アダプタ)で使用する、33%が自前のワイヤレスイヤフォンを使用する、14%がAirPodsを使用する、13%がEarPods(同梱のイヤホン)を使用すると回答していました。

※アンケートページ:https://twitter.com/itm_mobile/status/775121213496492036?lang=ja

 

やっぱり今まで使ってたイヤホンをそのまま使いたいという人がダントツなんですね!

最近はイヤホンの音質やデザイン等こだわる人が増えたこともあり、愛着を持って使っている方も多いのかもしれませんね。

 

ただ、ちょっと気になるのは同梱のLightning - 3.5mm変換アダプタで、つけると見た目的にあまりかっこよくありません…。

また、すぐに断線してしまったりしないかも心配です。

状況によっては、どんなイヤホンが自分には合うのか、改めて考え直す必要が出てくるかもしれません。