【iPhone小ネタ】なんだか最近シャッター音がうるさいと思ったら試すべきこと

iOS10へアップデートしたり、iPhone7/7Plusへ機種変更したユーザーの中には「シャッター音」の違和感に気付いた方もいるかもしれません。どうやら音量が大きくなっているようなんです。

そして、この違和感は私だけではなく、多くの人が感じている様子。

 

意図的なものなのかはよくわかりませんが、なんでも日本で発売されている端末のみシャッター音を消すことができない仕様になっているそうで、盗撮対策のひとつだったりするのかもしれません…。

そんなわけで、こんな時に試して欲しい方法2つをご紹介します。

 


【シャッター音がうるさいと感じたら試すこと】

 

①スピーカー部分をガッチリ押さえる!

 

とてもアナログな方法ではありますが、「大きい音量が気になる」という程度であれば、スピーカーを抑えるだけでシャッター音はかなり軽減されます。

「この為だけにアプリを入れるほどでもない」と思っている方にはオススメです。

コツは、指の腹全体を使って端末のスピーカー部分を押さえることですが、さらに上部のスピーカー(通話するときに耳を当てている部分)も同時に押さえることでグッとシャッター音を軽減することができます。

スクリーンショットを撮る時に私が使っているテクニックでもあります。

 

 

②消音アプリを使う

 

コレが一番手っ取り早い気がします。私もずっと愛用しています。

アプリを起動して撮影することで、シャッター音がしなくなります。

ペットや、子供が寝ている時になど、身構えた感じを出したくない時によく使っています。

有料、無料のアプリがありますが、その中で私がいちばん使い勝手がいいと感じた無料アプリを1つご紹介します。

誰かを不快にさせるような使用方法や犯罪行為は絶対にしないでくださいね!

 

■シンプル無音カメラ - 手振れ補正, 高画質 & 動画

https://itunes.apple.com/jp/app/shinpuru-wu-yinkamera-shou/id1048899002?mt=8&ign-mpt=uo%3D4

※iPhone7/7Plusは現在未対応ですが、10月中に対応される予定となっています。

 

 

いかがでしたか?

お出かけ先や会社などでスクリーンショット使う人は、①の方法をマスターすると便利です。

「なにコイツ!こんな場所で急に写真撮って…」みたいな冷たい視線を軽減する効果があります(笑)。

周囲の環境音などをうまく利用すれば気付かれないこともあります。ぜひ試してみてくださいね!