【iPhone小ネタ】添付画像に手書きの目印や図、テキストが追加できる「マークアップ」使ってる?

あまり知られていないかも知れないこの「マークアップ」という機能、実はiOS9から追加されています。

メールの添付画像をわかりやすく加工したい時など便利で、画像編集アプリを利用するより短時間で操作でき、シンプルながら操作性や機能的にも優れています。

 

今日はそんな「マークアップ」の使い方をご紹介します。

 

【マークアップの使い方】

 


まずはメール画面を開いて本文を長押し。

表示されたメニューから「写真またはビデオを挿入」をタップし、任意の画像を追加します。

PDFをマークアップする場合は、「添付ファイルを追加」をタップし、任意の画像を追加してください。

追加した画像をタップし、表示されたメニューから「マークアップ」をタップすれば利用できます。

 

 

【マークアップの主な機能と操作方法】

 

マークアップの起動後は画面の下にメニューバーが表示されますので、そこから各機能を選択してください。

 

■手書きの目印、図、線、イラストを描く

 

①メニュー画面の左側にあるペンマークをタップ。

②カラーパレットから好きな色を選択後、その右側にある「三」のようなマークで文字の太さを選びます。

③後は画像内に自由に描いてください。

ちなみに、その描いた部分をタップすれば、描いた部分の「削除」と「複製」ができます。

 

■特定の箇所をズームアップする

①メニュー画面の左から2番目の「a」マークをタップ。

②画像内にズームアップレンズが表示されるので、ズームアップしたい箇所へ移動させる。

③サイズを調節したい場合は、ズームアップレンズのフチにある青い点をタップしてスライドし、ズームを調節したい場合は緑色の点をタップしてスライドしてください。

 

■テキストを入れる

①メニュー画面左から3番目の「T」マークをタップ。

②カラーパレットから好きな色を選択後、その右側にある「AA」のようなマークでフォント、文字サイズ、文字配置を選びます。

③テキストをタップしてスライドさせ場所を決定してください。

 

■電子署名を入れる

①メニュー画面の右端のマークをタップ。

②手書きで署名を書き込み、完了をタップ。

③電子署名をタップしてスライドさせ配置を決定。

 

 

仕事に関する指示や、スマホ初心者に操作方法を説明する時など、様々なシーンで使えて結構便利です。

いざという時のために、事前確認しておくのがオススメです。