イヤホンの調子が悪い時に確認すべきこと、試すべきこと9選

今や生活に欠かせないアイテムとなっているイヤホン。

通勤や通学で利用している人も多く、イヤホンの調子が悪くなるだけで1日の調子も狂ってしまうなんていう人も多いかもしれません。

 

今日はそんなイヤホンが不調な時にすべき9つのことについて順を追ってご紹介します。

 


【イヤホンの調子が悪い時に確認すべきこと】

 

1.音量が最小になっていないか、マナーモードになっていないか確認する

2.ケースカバーをはずしてから接続してみる

3.バックグラウンドアプリの削除(ホームボタンを2回連続で押し、表示されたアプリを上にスライド)

4.端末の再起動を試す

5.他のアプリで音が出るか試す

6.他のイヤホンで試す

7.他の機器でイヤホンが正常に動作するか試す

8.イヤホンジャックの端子部分を柔らかい布で拭く(メガネ拭き等)

9.イヤホンジャックの端子部分にエアダスターをかける(溝のある部分を中心に)

 

 

上記を試し、イヤホンに問題が発生している場合、イヤホンの買い替え時です。

Appleで純正品を購入する場合は約3000円から、Amazonなど他サイトでは約2000円から購入できます。

もちろん純正以外にも優秀なイヤホンはたくさんありますから、このタイミングに自分に合うイヤホンを探すのもいいかもしれません。音にこだわりたい人は、ネット上のレビューを見るよりも直接大型家電量販店に出向いて視聴してみるのがオススメです!

 

なお、純正イヤホンを使用していた場合、条件を満たせばAppleケアで無料交換することが出来ます。

主な条件は購入後1年以内であること、もしくはAppleケア+(有料サポート)に加入していることです。

故意の破損や紛失でない限り基本的に対応可能なので、サポートセンターにご相談を!