オリンピックでも活用できそう♪Google翻訳に「リアルタイムカメラ翻訳(日本語⇔英語)」機能が追加!

仕事やちょっとした調べもので何かと助けて頂くことも多い「Google翻訳」。

 

そのアプリ版の機能にあった「リアルタイムカメラ翻訳」がついに“日本語⇔英語訳に対応”しました!


「リアルタイムカメラ翻訳」はその名の通り、カメラを対象物に向けるとリアルタイムで画像内の文字を翻訳し表示してくれるという画期的な機能です。

翻訳精度は感動レベルにはまだまだ達していない状況ではありますが、この機能があれば街の中にある看板や案内、テレビの中のテロップや字幕、本や雑誌といった生活のあらゆるシーンで使えます。

 

利用するにはまず「Google翻訳」のアプリをインストール。その後「オフライン翻訳ファイル(日本語)」をダウンロードする必要があります。

準備が完了したらカメラボタンをタップし、画面右下にある「インスタント」ボタンを押すだけですぐに利用可能です。

リアルタイムで画像を処理する為、どうしても手ブレなどにより翻訳表示がころころ変わってしまったりもしますが…そこはご愛嬌(笑)。

リアルタイムにこだわらない場合は、画像翻訳機能を利用すると安定して表示できます。

個性的なフォントを使用している場合は、うまく文字が認識されない場合もありますが、個人的には翻訳した文字をもともとのフォントや配列に寄せて表示してくれるその細かさにとても感動。

今ネットではこの「リアルタイムカメラ翻訳」を使って撮れた、面白い誤変換画像や動画が話題となっています。

 

東京オリンピックももうすぐ。端末容量に余裕があればアプリをいれておくととっさのときにも助けてくれそうです。

 

【iOS版 Google翻訳】

https://itunes.apple.com/jp/app/google-fan-yi/id414706506?mt=8