【iPhone小ネタ】「この漢字なんて読むの?!」と困ったことがあるなら、キーボードの手書き機能を使うべし

皆さんは普段生活している中で、“読み方のわからない漢字”に出くわすことはないでしょうか?

 

Safari等のWEBページに記載されている文字の場合、その文字部分を選択をして「調べる」をタップすれば読み方や意味を検索できます。

一方、資料や本で出くわした漢字だと読み方もわからず、調べるのが億劫になってうやむやにしまうことがあったりします。

昔から読書好きで漢字には強い方だと思っていた私でも、ちょっと難しそうな本を手にすると見たことも無い漢字や表現に度々出くわして、読み進める気力を失う時があります。

でも、これってなんだかすごくもったいないですよね。

 

そんな時に使えるのがiPhoneのキーボードにある「手書き入力」です。

例えばSafariの検索バーでキーボードを切り替えて「手書き入力」にすると、入力パッドに書き込んだ漢字をそのままWEB検索することができますよ!

 

 

【「手書き入力」機能の設定方法】

 

1.設定>一般>キーボード>キーボード>新しいキーボードを追加と進みます。

2.言語を選択できる項目にて「中国語-繁体字」をタップ後「手書き」を選択。

※「手書き入力」を使う時は、キーボード画面の左下に表示される地球マークのアイコンを何度かタップすれば、キーボードが切り替わり手書き入力パッドが表示されます。

 

 

「知りたい!」と思った時に、すぐ調べられる環境を作ることって大切ですよね!

アプリもいれずにすぐ読み方や意味を調べることができるので、いざという時のために予め設定しておくと便利そうです。