【iPhone小ネタ】iOS11に追加された「緊急SOS」機能って知ってる?

iOS11の「緊急SOS」という機能では、緊急時に即座に警察(110番)、海上保安庁(118番)、救急と消防(119番)へ連絡機能が追加されました。

 

この機能でとても驚いたのは、位置情報も伝えることが出来ること!

 


見知らぬ場所で緊急事態に陥ったときも、場所を伝えることができるというのはとても便利ですよね。

それじゃなくてもパニック状態に陥ると冷静に何かを伝えたり、確認したりということは難しくなりますから、命に関わるような場合の時にはとても重要な役割を果たしてくれるはずです。

 

「緊急SOS」操作方法はとても簡単ですが、今この記事を読みながら最後まで操作しないでくださいね。海外ではこの操作を試す人がたくさんいたことで、警察にたくさん通報が寄せられるというちょっとした事件になったそうです。

 

 

【「緊急SOS」機能の使用方法】

 

iPhone7以前の機種はスリープボタンをすばやく5回押す>「緊急 SOS」スライダをドラッグして表示された警察110、海上保安庁118、火事、救急車、救助119の中から適切なものを選択し緊急電話をかけられます。

 

iPhone 8/8 Plusを使用している人は、サイドボタンと音量ボタン(+と-のどちらでも可)を長押しして起動しますが、あらかじめ設定からサイドボタンを5回連続で押すことで起動する設定へ変更することも可能です。

 

 

この時、位置情報サービスがオフの場合であっても一時的にオンになり、電話終了後には指定の緊急連絡先に現在地を知らせるテキストメッセージが送信されます。

現在地が変わると緊急連絡先へ最新の位置情報が送信され、約10分後iPhoneに通知が届きます。

この送信のキャンセルは可能で、最新情報の配信を止める場合はステータスバーから「緊急時の位置情報の共有を停止」をタップすればOKです。