【iPhone小ネタ】iOS 11では「メモ」アプリで書類スキャンが可能!

保管するほどでもないけど、捨てるのはちょっと…とためらうような書類や名刺、メモってありますよね。

 

私は普段そういうものは全部iPhoneに保存してすぐに捨てています。そのほうが情報を携帯できますし、格段に探しやすいからです。


私は頻繁に書類などを管理するので、単に写真に残すのではなくスキャナーアプリを入れて使っています。

 

わざわざスキャナーアプリを入れるほどではないという人や、端末の空き容量が気にしている人は、iOS 11の「メモ」アプリでもドキュメントスキャン機能が使えます。

文字データへの変換(OCR機能)は現状では非搭載ですが、傾き補正機能は搭載されています。傾き補正は斜めから撮影してもまるで正面から撮影したかのような画像へ補正を行ってくれるもので、この機能があることで無駄な撮りなおしが減るので便利です。

 

 

【ドキュメントスキャン機能の使い方(iOS11)】

 

1.メモアプリを起動し、メモを開く

2.キーボードの上部に表示される「+」アイコンをタップし「書類をスキャン」をタップ

3.カメラを書類等に向けると黄色い枠が表示され自動的に認識するので、データの読み込みが終わったら(もしくは自分でシャッターを押したら)画面右下の「保存」をタップ

 

 

なお、スキャンした書類等はメモの作成画面にある「スキャンした書類」をタップすると確認でき、PDF化したりメールに添付することもできます。

 

一度使うとこの便利さにはハマること間違いなしです。

この機会に書類等の整理も兼ねてデータ化してみてはいかがでしょうか?