【iPhone小ネタ】iPhone Xのノッチ部分を隠す方法

iPhone Xでは搭載されているカメラの都合により、ディスプレイ上にノッチ(画面上の中央上部真んの黒い出っ張り部分)があるデザインになっています。

 

これまでiPhone以外のスマホを使っていた人には気にならない人もいるかもしれませんが、今までiPhoneをずっと使ってきた人にはそれに違和感を感じたり、邪魔に感じたりする人もいるかもしれません。


この部分自体はどうこうできるものではありませんが、今までどおり画面をできるだけ長方形の形で使いたいという人達にちょっと試して欲しい小ネタです。

簡単に言うと「黒は黒で隠せ!!」です(笑)!

やり方は以下の2パターンあります。

 

 

【iPhone Xのノッチ部分を隠す方法】

 

①黒ベースの壁紙を使用する。

ノッチ部分は黒なので、壁紙との色の差で目立つんです。それならいっそ黒ベースの壁紙を使おうというちょっとした裏技です。

いちばん手間をかけずに出来るので楽チンです。

 

②お気に入りの壁紙で使用する。

この場合は画像加工アプリやパソコンのペイント機能などを使用し、画像上部にだけ太めの黒い線を入れ込めば解決します。

壁紙のデザインよってはバランス調整が必要にはなりますが、ちょっとの手間で好きな壁紙をそのまま使うことができます。

 

 

慣れてしまえばそんなに気にならないという人も結構いるみたいですが、どうしても感覚的に慣れないという人は一度試してみてはいかがでしょうか!