雪国は推奨外環境?!「iPhone X」は寒さに弱いらしい!

発売されたてほやほやの「iPhoneX」。

今までのiPhoneと大きく異なる点としては、iPhoneで初めて有機ELディスプレイが採用さたこと、顔認証機能の採用、ホームボタンが廃止されたこと、カメラが高性能になったこと、そして端末価格が高くなったことなどがあります


個人的には最近流行の格安スマホの対極にいる高級スマホなのではないかなと思っています。

 

そんな高級スマホの「iPhone X」ですが、アメリカの複数のユーザーから今ちょっとした問題が報告されています。その問題というのは、寒いところで使用するとディスプレイ操作でラグが発生するというものです。

 

この報告に対しアップルは、「iPhone Xでは使用環境が急激に寒くなった場合、ディスプレイのタッチの反応が一時的に悪くなる現象を認識しています。こちらは数秒待つことで回復します。この問題は今後のソフトウェアアップデートにて解決予定です。」と話しています。

Appleのサポートページでは0~35℃の場所での使用を推奨しており、低温下や高温下では温度調整のためにデバイスの動作が変化する可能性があることが記載されています。

 

デジタル機器ですから推奨使用環境があることは想像ができますが、ここだけを見てしまうと日本で言う東北や北海道や、世界の寒い国や地域には不向きな端末なのか…?とちょっと不安になってしまいますね。

 

ただ、この現象は全ての人に発生するものではなく、ラグも2秒程度ということですので、今後のアップデートに期待しましょう!