「Pokemon GO」3月からiOS 11以降じゃないと起動できなくなるだって?!

世界的ブームを巻き起こした「Pokemon GO」。

 

私の周りでは年齢的なものもあってか、あのブームのときほどプレイしている人は多はなさそうです。(もしかしたらこっそりプレイしてるのかな…?)


でも一時期熱を上げたゲームのプレイデータは消せないという理由で、やらなくなった今もアプリを消せないでいるという人もいるのではないでしょうか。

そんなしばらくプレイしていなかったという人には、重要なニュースです!

 

現在「Pokemon GO」はiOS 9以降のバージョンでプレイ可能となっていますが、3月1日に予定されているアップデートにより、iOS 11以降のバージョンを使用しないとプレイできなくなります。

そもそも端末自体がiOS11に対応していない機種については、2月27日にサポートが終了となり、今後のアプリアップデートを無視したとしても、アプリを起動することができなくなるので注意が必要です。

 

なお、iOS11の対応機種は以下のとおりで、対応機種の人はOSを最新バージョンにすることで引き続きプレイ可能です。

 

■iOS11の対応機種

 

【iPhone】iPhone X、iPhone 8/8 Plus、iPhone 7/7 Plus、iPhone 6s/6s Plus、iPhone 6/6 Plus、iPhone SE、iPhone 5s

【iPod/iPad】iPodtouch(第6世代)、iPad Pro (12.9インチの第1、2世代/10.5インチ/9.7インチ)、iPad Air 2、iPad Air、iPad(第5世代)、iPad mini 4、iPad mini 3、iPad mini 2

 

 

開発運営を行うナイアンティックは、ポケモンGOのアップデートによってiOS 10以前のバージョンではプレイが困難になる機能があるためこのような対応を決断したとのこと。

アプリを配信してから様々なアップデートをしていますから、古い機種だと操作がもたつく事が多いといわれており、実際のところ快適にプレイできないということで「Pokemon GO」をやめてしまったという人も一定数はいそうです。