【iPhone小ネタ】入力が快適になる!iPhoneのユーザ辞書に登録すべき便利な単語 ~応用編~

今日は前回の続き、iPhoneのユーザ辞書に登録すべき便利な単語の応用編です。

登録しておいて良かった!格段に入力が楽になった!と思わせてくれる単語をいくつかご紹介します。

(ちなみに各項目の後ろに書いてある「よみ」の項目ですが、私が実際に登録した際の例ですので参考にしてください。)


【iPhoneのユーザ辞書に登録すべき便利な単語 ~応用編~】

 

■口座番号(よみ:こうざ)

私はこれ地味に便利です。口座に振込みしてほしいときや、手元にない通帳の口座番号を調べたいと思ったときに役立ちます。

 

■頻繁に使う短い定型文やあいさつ(よみ:※各文章の略語などでとうろくすると便利です。例「いつおせ」「いまかえ」「めしいら」など)

「いつもお世話になっております。」というビジネス的な内容から、「今仕事終わったよ。これから帰ります!」とか「今日はご飯はいらないよ!」とか良く使うプライベートな日常会話も登録すると時短感がスゴイです!

 

■最寄の駅名(よみ:※各駅の略語など)

地味に便利なのがこれ!特に友達をよく家に呼ぶ人や、自分の居場所を伝えることが多い人は絶対便利です。

これに派生して、人に教える際の道順説明なども登録するとより快適になります。

 

■頻繁に入力する名前(よみ:※ニックネームなど)

家族の名前はもちろん、仕事関係の人で名前を間違えると気まずい場合や、人のフルネームを漢字で覚えられないという人も登録しておくと恥をかくことも少なくなります。

 

■SNSで頻繁に使うハッシュタグ(よみ:たぐ)

SNSでハッシュタグを良く使うなら絶対あると便利です。

 

■ライン(よみ:せん)

ラインは飾り文字です。「----------」や「○●○---○●○」など普段はそんなに使わないかもしれませんが、1つくらい登録しておくとメールだけではなく、メモを入力するときにも見やすさがグンとよくなります!

 

■パスワードのヒント(よみ:ぱすひん)

パスワードをそのまま入力するのはちょっと無防備すぎるきがするので、パスワードを思い出すためのヒントなどを入力しておくといざという時役立ちます。

ただし、もし他人に見られてもわからないようなヒントにする必要があります。名前と誕生日とかは結構危険です。

 

 

なお、ユーザー辞書登録は設定→一般→キーボード→ユーザ辞書→+マークから行えます。

単語には表示させたい文字、よみは表示させたい文字を呼び出すときの文字を入力してください。

よみの入力文字も少なくなるように工夫するのがポイントです!