モデル番号「A1779」のiPhone7、圏外が表示される問題を無償修理へ

2018年2月2日、Appleは一部のiPhone7にて、モバイルデータ通信のサービスエリア内にもかかわらず「圏外」と表示されてしまう問題が判明したことを公表しました。

 

問題を確認した端末は、2016年9月~2018年2月の期間で製造された中国、香港、日本、マカオ、アメリカのiPhone7。


日本のiPhone7ではモデル番号「A1779」が対象となっていて、問題が発生している端末についてはAppleにて動作確認後、問題が確認された場合に無償修理を行う方針です。

問題発生の原因については、メインロジックボードのコンポーネントの故障。

わかりやすくいうと、電子装置を構成する上で重要となるメイン基板の部品が故障しているということです。

 

この問題で既にAppleにて有償修理を終えている人には、返金対応が行われます。該当者にはAppleからメールで連絡があるようですが、3月末までに連絡がない場合はAppleのサポートへ自主的に問い合わせを行い、修理状況を確認した上で今回の問題と修理内容が該当していれば返金対応となるようです。

 

サービスエリア内でも圏外になるというのはちょっと致命的過ぎですね…。

この問題で機種変更してしまった人がいたとすればちょっと気の毒ですが、なんとか耐え忍んで使っていた人には結果的に朗報になったかもしれません。

 

なお、Appleに修理を出す場合は初期化されてしまいますので、バックアップは必ず行うようにしてくださいね!