【iPhone小ネタ】iOS11同士なら端末を近づけるだけでWi-Fiパスワードを共有できます!

最近はカフェやレストラン、その他のお出かけ先や施設などでも無料のWi-Fiスポットが増えましたよね。

 

以前の私はネット検索やちょっとだけSNS使うくらいだったので、わざわざそんな面倒くさいことしなくてもと思っていました。


ただ、Wi-Fiに繋げる時のパスワード入力が結構めんどくさい。夫婦でモタモタと入力することもしょっちゅう。

友達といても私だけ入力に手間取っていたりすることもありますし、その逆もあります。

この無駄な時間と作業はさくっと終わらせたいところですよね。

 

実はこのパスワード入力の面倒、iOS11にアップデート済みのiPhone、iPad、iPod Touch、またはmacOS High SierraをインストールしたMac同士であれば簡単に解決します。

iOS11では、端末を近づけるだけでWi-Fiのパスワードを共有できる機能が追加されたので、自分のiPhoneがWi-Fiに接続している状態であれば相手にパスワードを共有してすぐに接続してあげることが可能です。ちなみにBluetoothは接続は関係ありません。

 

 

【iOS11の端末を近づけてWi-Fiパスワードを共有する方法】

 

①一方のiPhoneで「設定」から「Wi-Fi」をタップし、接続したいWi-Fiのネットワーク名をタップします。パスワードの入力画面が表示されたら入力し、接続を完了します。

 

②もう一方のiPhoneを上記と同じ手順でパスワード入力画面まで表示させます。

 

③Wi-Fi接続が完了した端末を未接続の端末に近づけると「Wi-Fiパスワードを○○さんと共有しますか?」というメッセージが表示されますので、「パスワードを共有」をタップすることでiPhoneが自動的にWi-Fiに接続されます。

※表示されない場合は双方のiPhoneを一旦スリープ状態にしてロックを解除して再度近づけてみてください。

 

外出先で家族や友人とWi-Fiを使いたい場合は覚えておくとすごく便利ですよ!!

個人的には常に共有してほしい側ですけどね(笑)。