【作業効率UP♪】OCR(文字認識)の便利な使い方例と人気無料アプリ3選

最近では名刺アプリなどでOCR(文字認識)がよく使われるようになってきましたね。

 

知っているという方も多くなってきたかと思いますが、OCRとは光学文字認識(Optical Character Recognition)の略です。

 

スキャンなどで画像として取り込まれた文字の上へ、内部的にテキスト情報を付与。


それにより文字の抽出、編集、文字の検索を行うことができるようになるので、データとしての文書管理がとても便利になります。

 

各アプリによってOCRの精度や、特徴、使い勝手などは違いますが、うまく使いこなせばこんな使い方もできますよ!

 

■手書きのメモをテキストにする

■教科書やテキストから問題集をデータ化して管理する

■紙の資料や書類をテキスト化して保存や共有

■外国語のメニュー表、看板、記事、本などの翻訳

■新聞や雑誌の気になる部分をスクラップ保存

■レシートや名刺などの情報をまとめる

■趣味のお酒や、美味しかった商品のラベルなどをデータ保存

■旅行のパンフレット、チケットをデータ保存

■テキスト化した文章をSiriなどで読み上げる

■年賀状や手紙などから住所録を作成

 

たとえば、勉強している内容をテキスト化してそれでSiriなどで読み上げてもらえれば、暗記もしやすくなったりと、組み合わせ次第で便利さが広がります!

 

ちなみに以下が私が使用しているアプリ(基本無料)です。

他にも色々なアプリがありますので「OCR」などでアプリ検索してみてくださいね。

 

【CamScanner】

https://itunes.apple.com/jp/app/camscanner/id388627783?mt=8&ign-mpt=uo%3D4

 

【スキャナ&翻訳を - 画像内の文字をテキストに変換して90ヶ国語以上の言語に翻訳します】

https://itunes.apple.com/jp/app/%E3%82%B9%E3%82%AD%E3%83%A3%E3%83%8A-%E7%BF%BB%E8%A8%B3%E3%82%92-%E7%94%BB%E5%83%8F%E5%86%85%E3%81%AE%E6%96%87%E5%AD%97%E3%82%92/id845139175?mt=8&ign-mpt=uo%3D4

 

【Photomath】

https://itunes.apple.com/jp/app/photomath/id919087726?mt=8&ign-mpt=uo%3D4