Appleが子供向けのデジタル学習サマーキャンプを開催

Appleが2018年7月30日~8月24日に子供向けサマーキャンプが開催されています。

 

このサマーキャンプでは、8~12歳の子どもを対象にデジタルな創造力を広げるための学習プログラムを用意されていて、主に作曲、プログラミング、ストーリー製作の3つのプログラムから1つを選択し、サマーキャンプを開催しているApple Store各店で1日90分×3日でテーマに取り組むという内容になっています。


作曲では、ビートメイキングと作曲の楽しさを体験できます。曲の基本構成やビートについて学んだあと、Touch Instrumentを使用して作曲製作を行います。仕上げにボーカルを乗せ、完成した作品をiPadのGarageBandで調整し、最終日に発表します。

 

プログラミングでは、ロボットを使ってプログラミングの基礎を学習できます。ペアを組んでロボットのプログラミングを学びながら、色を変えたり、サウンドを作ったり、課題を解決したり、オリジナルゲームを作成します。

 

ストーリー製作では、ビデオや写真、音楽などを使いながらストーリー作りを学習できます。アイデア出し、ストーリーボードへの描き出しなどを行い、グループごとにショートビデオを撮影します。

 

iPadのClipsアプリケーションを使用してグラフィックやフィルタを使用しながら編集を行い、仕上げにオープニングタイトルとエンディングのクレジットをつけて最終日に全員のストーリーを発表します。

 

サマーキャンプを開催する店舗は銀座、新宿、福岡天神、名古屋、心斎橋、仙台一番町、表参道となっており、近くのApple Storeにて参加することができます。

参加費は無料ですが、人気も高く先着順となっているので早めの予約が必要になります。

 

【Appleのサマーキャンプ】

https://www.apple.com/jp/today/event/camp-garageband-6421304586296067425/