【iPhone小ネタ】iOS11以降であればQRコード読み取りアプリは不要!

iOS11以降であればQRコード読み取りアプリは不要!カメラで読み込みできちゃいます!

 

現在iOS11以降にバージョンアップしているとQRコードをカメラからそのまま読み取れる仕様になったことをご存知でしょうか?

 


カメラを起動したときにたまたま画面内にQRコードがあって気付いたのですが、まさか今更こんな機能が追加されるなんて全く考えてなかったので、カメラがQRコード読み取ってくれたときには思わず「え…??」っと声をあげて二度見してしまいました(笑)。

私以外にもこのQRコードの読み取り機能に気付いていない人は意外に多いような気がします。

ちなみに私の周りのiPhoneユーザーで気づいてた人は6人中1人だけでした。

一回操作すればすぐにサクッと使いこなせますので、身の回りにQRコードが記載されているものがあれば一度試してみてくださいね!

 

 

■標準カメラアプリからQRコード(二次元コード)を読み取る方法

 

1.カメラアプリを起動。

2.カメラ画面内にQRコード(二次元コード)が映るように調整するとすぐに読み込み、成功すると画面上部に通知が表示される。

3.通知をタップするとSafariのブラウザが自動的に起動し、該当のWebページへ遷移する。

 

 

本当この機能は地味に嬉しいです!QRコードの読み取り作業が楽になりました!

この方法で操作してみて特に不便がなければ、そのままQRコードの読み取りアプリを削除して空き容量を確保しちゃいましょう♪