iPhone電池交換プログラム終了間近の駆け込み需要で「バッテリー交換難民」続出中

2018年12月31日まで値下げ中となっているiPhoneのバッテリー交換プログラム。

 

年末の駆け込み需要により、本当にバッテリー交換を必要とする人の交換できなくなる事態に陥っています。


そもそもなぜバッテリー交換プログラムが値下げ中かというと、iPhoneは高負荷時に電力を供給しきれないと判断した場合、実装されている部品を保護する目的でシャットダウンすることがありました。

 

この予防策としてiOS 10.2.1、iOS 11.2にて、意図的にパフォーマンスを低下する機能が加えられたことにより、新機種への買い替えを行わせるためのものではないか?という疑惑がもたれてしまったのです。

後にAppleはこの件で多数のユーザーから訴訟を起こされることとなります。

 

この騒動によりAppleはユーザーへの説明不足を謝罪し、信頼回復のためバッテリー交換費用の値下げを決断。

対象機種であるiPhone SE、iPhone 6、iPhone 6 Plus、iPhone 6s、iPhone 6s Plus、iPhone 7、iPhone 7 Plus、iPhone 8、iPhone 8 Plus、iPhone Xについては通常価格8,800円のところ、2018年内であれば3,200円で交換できるようにしました。

 

ただ、バッテリー条件が合えばだれでもお得にバッテリー交換ができるため、とりあえず交換しておこうというユーザーも少なくはありません。

ここで困っているのは本当にバッテリー交換を必要に迫られている人たちです。

 

駆け込み需要によりバッテリー交換の予約を行うのことすら難しい状況で、通常料金でもいいからすぐにでも予約したいという声や、やっと予約を取れてもバッテリー交換のために隣町まで1時間以上かけて交換しに行かなくてはならなくなったという人も出てきています。

 

もし、バッテリーの危機的状況で予約が取れず困っている方がいらっしゃいましたら、iPhone修理を行っている我らが「スマートリペア」でも対応可能ですので、お気軽にご相談くださいね!