2019年に発売のiPhone最新機種は3機種発売か

アメリカの大手経済新聞であるウォールストリートジャーナルが、2019年に登場すると予想されているiPhoneの詳細について報じています。

 

事情に詳しい関係者話によれば、2019年にAppleは3眼カメラ搭載のハイエンドが1機種と、2眼カメラ搭載のiPhoneが2機種が登場すると見られており、この2機種のうち1機種には液晶ディスプレイ(LCD)を搭載したものも含まれるそうです。


AppleはiPhoneの有機ELディスプレイ(OLED)完全移行を目指しているようですが、本体価格への影響も考慮してか液晶ディスプレイを搭載した機種の切り捨ては行わないようです。

有機ELディスプレイは液晶ディスプレイに比べて薄いため、本体の軽量化に繋がるほか、柔軟性があることにより画面を湾曲させて利用できるメリットがあります。

また、ユーザー側は有機ELディスプレイの圧倒的に美しい黒の表現力で臨場感のある画像や映像を楽しめます。

この画質の良さを一度でも経験してしまうと、もう後には戻れなくなることでしょう。

 

ここで気になるのはiPhone最新機種の販売価格。

現状Appleの公式発表ではないため詳細は不明ですが、iPhone XRの価格は84,800円~となっているので、今までのパターンから行くとそれ以上の価格になることは容易に想像できます。

本体価格がどんどん高額になっていく中で、「最新であること」よりも「自分に丁度いい性能があること」を考え始める人が今後増えていきそうな予感です。