行き詰ったあなたの背中を押す!Apple創設者スティーブ・ジョブズの名言8選

人は生きていれば、時に何かに行き詰まることって当然ありますよね。

周りに助けを求めたくても、内容によっては相談できるような相手がいなかったり、言いにくかったりすることもあります。

 

そんな時私は偉人たちの名言を読むことがあります。


心に響いた言葉は、自分が抱えてる問題解決のヒントになることがあるからです。

 

今日はアップル社の創設者であるスティーブ・ジョブズの名言から、行き詰った時に背中を押してくれる素敵な名言をご紹介します。

 

 

①重要なことに集中する唯一の方法は「NO」と言うこと。

 

②今日がもし人生最後の日だとしたら、今やろうとしていることは本当に自分のやりたいことなのか?

 

③先を見て点を結ぶことはできない。過去を振り返って点を結ぶだけなんだ。だから、いつか点は結ばれると信じなくてはならない。

 

④自分もいつかは死ぬ。それを思い出すということは「失うものなんてない」ということを気づかせてくれる最も良い方法だ。

 

⑤あなたの時間は限られてる。だから他人の人生を生きたりして無駄に過ごしちゃいけない。ドグマ(教義)に囚われてもいけない。それは他人の考えた結果で生きていることになるから。他人の意見がノイズのようにあなたの内側の声をかき消したりすることのないようにしなければならない。そして最も重要なのは、自分の心と直感を信じる勇気を持つこと。

 

⑥毎朝、鏡の中の自分に問いかけてきた。「もしも今日が人生最後の日だったら、今日やろうとしていることをやりたいと思えるか?」と。NOと答える日が何日も続くようなら何かを変えなければならない。 

 

⑦旅の過程にこそ価値がある。

 

⑧創造的な人生を過ごしたいなら、あまり過去を振り返らないほうがいい。自分がしてきたこと、自分という人間をそのまま受け入れ、それを捨て去らなければいけない。

 

 

あなたの心に刺さる名言はありましたか?

 

周りに流されやすい私は、⑤の名言にいつもハッとさせられます。

今自分が悩んでいること、感じている不安や焦りは、過去に誰かが解決したことなのかもしれませんね。