トランプ大統領がAppleCEOティム・クックの名前をティム・アップルと呼んでしまう

アメリカのトランプ大統領が、AppleのCEOであるティム・クック氏の名前をティム・アップルと呼んでしまったと話題になっています。

 

この発言はアメリカ現地時間の3月7日、ホワイトハウスで行われた労働力政策諮問委員会(American Workforce Policy Advisory Board Meeting)でトランプ氏が発言したもの。


「あなたはこの国に本当に大きな投資をしてくれた。本当に感謝しているよ、ティム・アップル。」とティム・クックを目の前にしてサラりと言ってしまった動画がTwitterで拡散されました。

 

これについてトランプ大統領は、謝罪することはなく「時間を節約するためにティム・アップルと呼んだ」とtwitterで主張。

名前を呼び間違ったと報道したメディアに対しては、「フェイクニュースだ」と主張しています。

また、アメリカ連邦政府の議事録には「Tim Apple(ティム・アップル)」ではなく、「Tim-Apple(アップルのティム)」とかなり微妙な感じで記載されています。

 

ここまでくるとキメ台詞となりつつあるトランプ大統領の「フェイクニュース」発言。

それにしてもこの開き直り方はすごいの一言です(笑)。

 

これに対してティム・クックはTwitterの名前をTim Apple(Appleは絵文字で表記)に変更。

コメントは発表していませんが、ジョークの通じる大人な対応を見せています。

 

 

【トランプ大統領がティム・クックを目の前に「ティム・アップル」と呼ぶ瞬間の動画】

https://twitter.com/i/status/1103421841505505280