Apple、ニュースや雑誌の読み放題サービス「Apple News+」を開始

Appleがスペシャルイベントでニュース読み放題サービスを提供すると発表しました。

 

サービスは英語圏のアメリカ、カナダ、オーストラリア、イギリスで展開され、残念ながら日本でのサービス開始は未定となっています。

 


「Apple News+」は有料サービスで、支払いを完了させると「Apple News」アプリに新しいタブが追加される仕様。

その追加されたタブの中から300以上の雑誌や新聞、ウェブコンテンツを閲覧できるようになります。

価格はアメリカ、オーストラリア、イギリスで月額10ドル(約1,100円)、カナダで月額13ドル(約1,400円)の設定となっています。

 

また、読み放題となる雑誌には「タイム」「ピープル」「ヴォーグ」「ビルボード」「コスモポリタン」「マリ・クレール」「ナショナルジオグラフィック」をはじめとして、新聞では「ウォールストリートジャーナル」「ロサンゼルスタイムス」「トロントスター」など有名誌が名を連ねています。

その他エンターテインメント、ファッション、ライフスタイル、グルメ、ガジェット系のジャンルなども幅広く取り揃えていますので価格以上の価値はありそうです。

 

なお、ユーザーがどのような雑誌を読んでいるかなど追跡するデータ「トラッキング情報」については、Appleも出版社も個人情報の保護の観点から確認することはできないよう配慮されているとのことです。