【知らなきゃ損する】中古のiPhoneを買う前に知っておくべきポイント

最近はiPhoneの高すぎる機種代金のせいもあってか、中古のiPhoneを買う人が増えています。

 

私もその一人なのですが、中古のiPhoneを買う前に知っておきたいことについていくつかご紹介したいと思います。


中古iPhoneを購入するメリットとしては、すぐに手に入れられる、安い価格で購入できる、購入するサイトなどによってはたまったポイントなどが使えることです。

ただ、故障の際などには保証が得られないというデメリットもありますので理解したうえで購入する必要があります。

 

購入先にはフリマサイト、デジタル中古品販売サイト、中古品店販売ショップなどがあります。

 

中古iPhoneを購入する前にチェックすべきポイントとしては、iPhoneを買ったキャリアによって利用予定のSIMカードが使えるかどうかが変わってきたり、SIMロック解除されているかは重要になりますので最初によく確認しておきましょう。

その他にも動作不良がないか、バッテリーの劣化状況、赤ロムではないか(本体端末代金が未納で後に使用停止になりうる端末)、アクティベーションロックが解除されているかなども確認しておく必要があります。

 

動作不良については電源が付くか、各種ボタンやアプリは正常に動作しているか、水没していないかは最低限確認しましょう。

バッテリーの劣化状況は無料アプリでチェックできますので、事前に確認してもらいましょう。

赤ロムかどうかは15桁のIMEI番号(設定>情報>IMEI)があればネットワーク利用制限確認サイトから確認できます。

アクティベーションロックが解除については、解除されていないとそもそも使うことができません。

中古販売店であればある程度の確認やサポートは得られるかもしれませんが、フリマサイトの場合はトラブルに発展しがちです。

手間はかかりますが、必ず一つずつ確認してもらい画像などでその状況をしっかり伝えてもらいましょう。