【iPhone小ネタ】地味に便利だった「メモ」アプリの小技8選

iPhoneに標準搭載されているメモアプリはちょっとしたメモをとるときに役立ちますが、色々見てみると地味に便利な機能があったのでご紹介します!

 

■フォルダを使いこなそう

メモを立ち上げた際に、メモ一覧画面が表示されますが、左上に表示されている「<」マークをタップするとフォルダ画面へ遷移します。

メモを頻繁にとる人は、TODO、仕事、アイディアなどフォルダ分けしておくと後から確認しやすくなります。


■メモの文頭はタイトルをつけるつもりで

メモ自体にはタイトルをつける機能はありません。

メモの文頭は一覧表示の際にタイトル代わりになりますので意識してみると便利になります。

 

■文字を入力するのが面倒な時は音声入力で

ちょっとしたメモであれば、キーボード内にあるマイクのボタンをタップして音声から文字入力することが出来ます。

 

■TODOリストを作るならチェックボックスをつけてみよう

メモ作成画面の下に表示されているチェックボタンをタップすると、チェックボックスを追加することが出来ます。

リストを完了し終えたあと、チェックボタンを押すことで色がオレンジ色に変わるので、リストがグンと管理しやすくなります。

 

■ファイルを追加してみよう

メモにファイルを追加できたら便利だなっていう時ありますよね。

そんな時はメモ作成画面の下にある+ボタンから写真、動画、スケッチ、書類などを追加することが出来ます。

 

■自由度の高い手書きのメモやイラストなどを残したい時は「ペン」ボタンを使おう

メモ作成画面の下にあるペンボタンをタップするとツールが表示され、自由度の高い手書きメモが作成できます。

各ペンをダブルタップすればペンの太さや、透明度を変更したり、カラー選択画面ではたくさんの色から好きな色を選ぶこともできますので図解イラストやちょっとしたお絵描きにも便利です。

 

■良い記事に出会ったらメモへ共有しよう

WEBページで良いなと思う記事に出会ったら共有ボタンから「メモ」を選択し、記事をスクラップしておきましょう。

またWEBページのテキストの一部を選択し、その部分のみ共有して「メモ」を作成することもできます。

もちろん共有の際には保存先フォルダも選択できます。