twitterをやってる人なら知っておきたい「ハッシュフラッグ」とは?

Twitterのちょっと面白い機能である「ハッシュフラッグ」は皆さんご存知でしょうか?

 

実はこの機能2015年ころにはすでに導入されていたようなのですが、私は全く気付いておらず先週やっとこの存在を知りました!(笑)


「ハッシュフラッグ」はツイートに特定のハッシュタグを入れると、ツイートを送信した後にそのハッシュタグに合わせた絵文字が表示されるという機能です。

ほとんどのハッシュフラッグは期間限定で表示されるものがほとんどで、その期間が過ぎてしまうとハッシュタグの後ろに表示される絵文字も見れなくなります。

要するに旬なキーワードの絵文字だけが、そのハッシュタグをつけた期間中に表示される仕様ということです。

 

なお、Twitter運営側で設定される機能になっているため、 ユーザーはいつどのようなハッシュフラッグが付くか知ることはできません。

 

 

と、いうわけで…

今どんな「ハッシュフラッグ」が日本で使用できるのか確認してみました!

 

 

【今使えるハッシュフラッグ一覧】(執筆時点)

 

#ミュウツー

#フシギダネ

#ゼニガメ

#ヒトカゲ

#DetectivePikachu

#あっスーモ

#桜

#Pringles

#スライム

#サランラップ

#LoveTwitter

#令和

#わたぼう

#選挙

#紅茶派

#いくぜ超刺激メッツ

#FIREワンデイブラック

#キャッシュレス

#きのこの山

#平成最後

#グリムエコーズ 

#ジョジョピタ

#BohemianRhapsody

#Microsoft

#アナベル

#モバレ

#キリンレモンのうた2019

#七つの大罪

#うさピヨ

#新しい時代に冒険したいこと

#しまむら

#Disneyland

#Mickey

#ドン勝

#うまみに和む

#三ツ矢サイダー

 

 

 

このハッシュタグの中から好きなものをツイートしてみてください。

ハッシュタグの後ろにそれに関連した可愛い絵文字が表示されます。

 

どんな絵文字が表示されるかは送信してのお楽しみ(笑)!

 

※twitterの検索から各ハッシュタグを検索していろんな人のツイートからハッシュフラッグ(絵文字)を事前に確認することもできます