PayPayかたるフィッシングメール報告が急増中

現在フィッシング対策協議会にてPayPayをかたるフィッシングメールの報告があるとのことで情報が公開されています。

 

このフィッシングメールはPayPayを装い、本物そっくりな偽サイトで個人情報の入力を求めてきます。


加盟店の申込みやアカウントの更新を求めるふりをして、ID、携帯電話番号、メールアドレス、パスワード、カード番号や有効期限といった情報を抜き取ることを目的としているようです。

 

これに対してPayPayもサイトで注意喚起を行っており、フィッシング詐欺かどうかの判断が難しい場合にはメールに記載のリンクはクリックせず、PayPayアプリや検索サイトから経由しPayPayのウェブサイトを確認するよう呼びかけています。

 

 

■フィッシングメールに引っかからないために気をつけること

 

・メールの内容をよく確認し不自然なことがないか見る(日本語や表現、内容など)

・緊急性の高い内容はより注意する(アカウントや料金、不正利用に関する問題など)

・文中のURLからアクセスしない

・不審に思ったときは自分でアプリかウェブ検索からサイトにアクセスし必要に応じて問い合わせを行い確認してみる

 

 

最近のサービスはすぐに問い合わせの返信も来ないので不安になることも多いと思いますが、とにかく焦りは禁物です。

ちょっと冷静になっておかしい点はないか考えてみることも大切です。

 

【フィッシング対策協議会】

https://www.antiphishing.jp/news/alert/paypay_20191122.html