今春開始予定の「5Gサービス」MVNOにも道筋

総務省は12月18日、NTTドコモ、KDDI、ソフトバンクに対し来春商用化を予定の「5Gサービス」提供に必要な機能開放や情報をMVNOにも提供するよう要請しました。

 

5Gとは第五世代移動通信システムの略称。


携帯電話などの通信に用いられる次世代通信規格のひとつです。

4Gと比較した場合通信速度は20倍、遅延は10分の1、同時接続数は10倍になると言われています。

スマホ周りでいうなら、ウェブページ閲覧も動画視聴もサクサク見れるようになるし、今まで時間のかかったダウンロードも一瞬で終わるということです。

 

今回総務省が出した具体的な要請内容としては3つ。

5Gサービスの提供にかかる機能開放。

提供エリア、通信速度、接続料、接続箇所、接続箇所における技術的条件などの情報開示。

MVNOが「5Gサービス」開始に伴い対応が必要となることを前提に余裕を持って実施できるよう見通しを立てて情報を提供すること。

 

これによりMVNOも今春以降に5Gサービスが提供される道筋ができたようです

サービス開始となった場合は、5Gに対応している端末を購入するだけ。

現在のところiPhoneでは、iPhone12(仮)で5G対応されると見られています。