iPhoneの背面ガラスにヒビ…その対処アイディアが凄い!

近年発売されているiPhoneは背面がガラスコーティングされているものが増えています。

 

このデザインについては賛否が別れていて、カッコいいと言う人もいれば、割れやすいから嫌だという人もいるようです。


私もしょっちゅう落とすのでガラスコーティングは嫌な予感しかしません。(笑)

 

ガラスコーティングすることによって洗練されたデザインにはなったものの、特にケースを使用していない派の人は落下時の衝撃ですぐにヒビが入ってしまうリスクが常に付きまといます…。

実際のところ背面のガラスへのヒビだけの問題であれば、操作に支障はないということでそのままにしているという人も多いようです。

 

ただ最近、SNS上でiPhoneの背面ガラスにヒビが入った時のあるアイディアが話題となっています。

ホワイトの端末を使っている人に多いようですが、背面のヒビに沿ってインクを入れヒビをデザインとして楽しむというアイディアです!

具体的には好きな色の蛍光ペンを数色用意し、ヒビの入った先に刷り込むようになぞりながら色を染み込ませていく方法で、キレイに色がヒビに入り込んだら表面に残ったインクを拭き取って完成。

ヒビによって浮き上がる柄は異なりますが、タイダイ染めのような個性的でインパクトのあるおしゃれなデザインを楽しむことができます。

なのでホワイトのような色の淡い端末である必要があります。

ブラックの端末を使っている人は蛍光ペンの色が発色しませんから…(苦笑)。

 

実際のところケースを付けてしまえば背面のヒビも気にならないとは思いますが、ケースを付けない派の人で興味があるなら試して見る価値はありそうですよ!

 

なお、残念ながら液晶パネル側にヒビが入ってしまった場合、放置は故障の原因にも繋がりますので交換をオススメします。

当店でも対応可能ですので、お気軽にご相談くださいね!