【iPhone小ネタ】アプリの誤削除から守る設定

うちには小さい子供がいるんですが、ちょっと目を離したすきに画面を触ったり、動画を見せてとせがまれてもめているうちにアプリが消えてしまうという事故が時々おこります。(涙)

 

そいういう時に限ってバックアップ取っていなかったり、配信停止になっていてダウンロード出来なくなっていたりと頭が真っ白になることも…。


今日はそんなアプリの誤削除しないための設定を発見したのでご紹介致します!

誰かに消された記憶はないけど、いつの間にかアプリ消えてることがあるなんて言う不思議体験がある人も必見です。(笑)

 

 

【アプリの誤削除から守る設定】

 

設定>スクリーンタイム>コンテンツとプライバシーの制限>「コンテンツとプライバシーの制限」をONにする>「iTunesおよびApp Storeでの購入」>「Appの削除」のページで「許可しない」にチェックをつける

 

 

以上で設定は完了です!

ホーム画面でアプリを長押ししても削除ボタンが出てくることはありません。

 

なお、アプリを整理する時には再度同じ設定から「Appの削除」のページで「許可」にチェックを入れなおすだけでOKです。