AppleとGoogleコロナ濃厚接触追跡システム共同開発へ

2020年4月10日(現地時間)AppleとGoogleが現在世界で深刻化している新型コロナウイルスの問題を受け、感染者との濃厚接触者を追跡できるアプリの共同開発を始めました。

 

これは通信可能距離が約10mと言われるスマートフォンのBluetooth機能を使用したもので、


新型コロナウィルスに感染したユーザーがアプリ内のデータ利用に同意した場合、このデータを元に濃厚接触者となった可能性が高い人へ通知が届く仕組みになっています。

 

この通知が行われることにより、濃厚接触者となった人が自宅待機や検査を受けるなどの対策が行えるようになり、感染拡大の予防に繋がるというわけです。

 

AppleとGoogleは世界中の公衆衛生当局が利用できるAPI(ソフトウェアやアプリケーションなどの一部を公開することにより、第三者が開発したソフトウェアやアプリケーションの機能でも利用できるようにするもの)を提供すると発表もしており、5月中旬頃のリリースを目指しています。

 

アプリの利用はもちろん任意で、ユーザーのプライバシーは尊重して運用されるとのことですが、一部のユーザーからはアプリの誤認識や自己申告での体調申告が混乱を招く恐れがあるとも懸念されています。

 

AppleとGoogle…これはかなり珍しいタッグですね。

世界的な危機を迎える今、私たち人間の判断では難しいところをこのような技術でサポートして頂けるのは本当に便利だし、ありがたいですね。

ただ精度の問題もありますし、現状の日本でこういったアプリがどのくらい受け入れられるのか…ちょっと気になるところです。