【iPhone 12の噂や予想のザックリまとめ】価格や特徴は?

なかなか好評のiPhone 11と第二世代iPhone SE。

機能面を見るならiPhone 11はかなり好評ですが、価格の高さがネックになっている人も多いはず。

対して最新機種である第二世代iPhone SEは電話やメール、最新OSが使えればOKという人には購入しやすい価格設定となっています。


ただここに来て色々気になる噂が出ているのが今秋発売予定となっているのが「iPhone 12」。

今日は「iPhone 12」の噂や予想についてザックリまとめてみました!

 

 

■iPhone 12の噂や予想ザックリのまとめ

 

  • iPhone12シリーズは2020年秋頃発売
  • サイズは5.4インチと6.1インチ、Proは6.1インチと6.7インチ
  • シリーズ初「5G」に対応
  • 価格は税別7万円程度~
  • ストレージ容量は128GB~
  • A14 Bionicを搭載
  • メインメモリは6GB
  • バッテリー持ちはiPhone 11より10%程向上
  • EarPodsや充電機器は同梱されない
  • ライトブルー、パープル、ライトオレンジが追加
  • すべてのリアカメラが光学式手ブレ補正に対応
  • 画面上部にあるノッチ(切り欠き)の幅が小さくなる
  • 改良型のFace IDを搭載で端末横向きでも認証可能
  • Pro版ではネイビーブルーが追加
  • Pro版では画面内蔵式の指紋認証「Touch ID」が搭載

 

 

iPhone 11のバッテリー持ちは好評ですが、さらに10%程性能が上がるのはかなり魅力的ですね!

 

ただ、Appleの公式見解としてはiPhoneを快適に使えるのは3年といっており、OSのソフトウェアアップデートのサポート期間も考えれば、故障せず使っても不便なく使えるのは5年くらいが限界なのかな…と個人的に感じています。

その使用できる期間に対してその価格が見合うと感じられるかどうかは購入の際の大きなポイントとなっていきそうですね。

ちなみに私は近々SEを購入予定です!