iPhoneで「PASMO」年内に利用可能へ

PASMO協議会が、2020年中に「PASMO」がApple Payに対応すると発表しました。

これによりiPhoneやApple Watchで、「PASMO」が利用できるようになります。

 

「PASMO」は交通系ICカードで、鉄道やバスの切符代わりに使えたり、電子マネー加盟店であればお財布代わりとしても使えます。


「記名PASMO」(またはPASMO定期券)であれば紛失時にも再発行が可能で、紛失手続きが完了した時点での残額などは再発行したカードに引続ことができるので安心して利用できます。

 

「PASMO」が利用できるのは主に首都圏、仙台、新潟、札幌のSAPICAエリアとなりますが、Suicaが使える場所でもPASMOを使うことができます。

 

Androidでは既に今年の3月に 「モバイルPASMO」 のサービスが開始。

おサイフケータイアプリをインストールしたAndroid端末で利用可能となっていました。

電話を無くさない、充電切れさせないということを前提としてにはなりますが、やっぱり財布やパスケースのカードが減るというのはありがたいですよね!

PASMOをよく使う方には便利なサービスとなりそうです。

 

サービス内容の詳細やサービス開始日については未定で、詳細が決まり次第告知するとのことで、興味がある方はホームページより最新情報を確認してください。

 

 

【PASMO】

https://www.pasmo.co.jp/