米・加のAppleCareの加入期間、60日から1年に延長へ

日本ではiPhoneを購入した日から30日以内であればAppleCare+に加入できますが、殆どの国と地域では60日以内であれば加入できることをご存知でしょうか。

 

日本のAppleユーザーは、カメラ撮影時には撮影音がでちゃうし、購入した日から30日以内しかAppleCare+に加入できないし…となんだかちょっと損してる気持ちになってしまうかもしれませんね。


そんな中、アメリカとカナダではこのAppleCareがなんとその60日から更に1年へと延長されています。

 

アメリカの大手総合情報サービスのBloomberg(ブルームバーグ)は、Apple従業員向け内部文書で8月17日に通知しており、コロナウィルスによるパンデミックで「AppleCare+」の販売が低迷する中、「AppleCare」を購入できる時間を顧客に提供することによって「AppleCare」の販売数を伸ばし、Appleの収益を上げるのではないかと報じられています。

 

なお、Bloombergによれば、加入条件はAppleCare+を全額か月々支払いで支払うユーザー、Apple Card(クレジットカード)払いで契約しているユーザーに限定されると伝えています。

 

買ってから1ヶ月って結構バタバタしてたりしてついうっかり忘れてたってなりがちだったりするんですよね。

日本でも同じ条件になってくれたらちょっと加入を考えられる余裕もできそうですが、残念ながら現在のところ日本の期間延長については発表はありません。

 

iPhoneを落として画面を割ってしまったけどAppleでの修理費用は負担が大きすぎる、できるだけ待ち時間なくすぐに修理したいという場合は是非当店にご相談ください。