Apple Watchの心電図アプリが日本でも承認へ

Apple WatchにSeries 4から搭載されている心電図プログラムがついに日本の医療機器として承認されました!

 

これにより心電図機能を持つApple Watchを通常販売で提供されることが可能となりそうです。


また、厚生労働省によれば医療機器ではあるものの、Appleからの届け出が行われればApple Storeや量販店などで制限されることなく販売ができるとのことです。

 

本来医療機器である心電図は販売店に管理者を設置する必要があるそうですが、Apple Watchの場合は医療機器として承認されたものの実際には心電図の「プログラム」であることや、使用シーンは医療現場ではなく健康な人が使用する前提のものであることから、「家庭用心電計プログラム」「家庭用心拍数モニタプログラム」というジャンルが新設され承認の運びとなりました。そのため通常必要となる管理者などの設置は不要となります。

 

心電図機能が利用できる海外のApple WatchにSeries 4利用者からは、心電図機能により一命をとりとめたという報告や深刻な事態を未然に防げたという報告が増えており、日本での心電図機能の利用にも期待が高まっています。

 

いつごろ利用できる用になるのかはまだ発表されていませんが、本来必要であった管理者不要で販売が可能となることから想定よりも準備時間が短縮される可能性があるため、近い将来利用できる日がやってきそうです!