【iOS14】キーボード反応が悪いときの対処手順

iOS14アップデート後、ユーザーの間で「キーボードの反応が悪い」「キーボードの起動に時間がかかってイライラする」といったキーボード動作に関する不満の声が報告されています。

 

実は私もアップデート後に頻繁に起こっていて、私が使っているSimejiのキーボードの問題かと思っていました。


ただ最近のユーザーのツイート状況などを見ていると使っているキーボードアプリの問題だけではなさそうです。

対処方法について色々試してみましたが、手順としてはこんな感じで進めてみると無駄が少なくおすすめですよ!

 

 

【キーボード反応が悪いときの対処手順】

 

1.起動中のアプリケーション(マルチタスクのアプリケーション)の終了

2.端末の再起動

3.アプリを最新の状態にアップデートする

4.キーボードアプリがiOS14に対応しているか確認

5.対応していて改善なければ「キーボードの削除と追加」

6.さらに改善がなければ「変換学習のリセット」(※予測変換全ての単語・語句がリセットされるのでしばらく入力にちょっとだけ手間取るかもしれません)

 

 

そもそも使用しているキーボードアプリがiOS14に対応していないという場合は、それが動作不良の原因になっている可能性があります。

そのまま我慢して端末やアプリそれぞれの次回アップデートを待つか、その他の対応アプリを使用する、デフォルトのアプリを利用するなどして対処しましょう。

 

また、iPhone本体の空き容量が少なくなっている場合にも、なんとなくiPhoneの動作が重く感じるといった症状や、アプリが落ちるといった症状も出やすくなるので確認してみましょう。