【iOS14.1】アプデ後なぜかモバイルデータ通信が消費に?

iOS14.1アップデートを適用後、通信量が妙に増えてるな…って思ったことありませんか?

 

私はバージョンアップ後、自宅で過ごす時間が多かったはずなのになぜか通信量が増えていて不思議に思っていたのですが、たまたま目に入ったツイートのおかげでこの不思議な現象の謎を解くことが出来ました。


iOS14.1へアップデートした際にモバイルデータ通信を使用したアプリの自動ダウンロード設定が「200MB以上のときは確認」に勝手に変更されていたことで勝手にいくつかのアプリが更新されてしまったようです。

ちなみに私以外にも同じような事例が複数報告されています。

普段から外出先で動画の視聴やゲームをすることは殆どないので、モバイルデータ通信の制限に達するほどではありませんでしたが、普段から上限ギリギリで使用しているという人は注意したほうがよさそうです。

 

今日はモバイルデータ通信を勝手に消費させないための設定を3つご紹介します。

 

■Appの自動アップデートをしない場合

設定>App Store>AppのアップデートをOFFにする

 

■モバイルデータ通信でAppの自動アップデートの際、常に確認画面を表示させたい場合

設定>App Store>Appダウンロード>常に確認

 

■モバイルデータ通信の時はAppの自動ダウンロードをしない

設定>App Store>自動ダウンロードをOFFにする

 

バージョンアップ後は今までの設定が勝手に変更されてしまう場合があるので、特に通信制限や料金などに関係してくるような設定については都度チェックしておくようにしましょう。