新作iPhone12miniの特長!小さくても最強機種。

2020年11月13日、AppleがiPhone 12 mini&iPhone 12 Pro Maxの販売を開始しました。

 

iPhone12シリーズでは全機種が5Gネットワークに対応しており、オールスクリーンOLEDディスプレイが搭載されています。

ボディーの特徴として個人的にグッと来たのは本体のサイドデザインです。


最近のiPhone6以降あたりから採用されていたサイド部分の角を削ったような丸みのあるデザインから、旧型iPhoneSE以前の機種を彷彿とさせるエッジの効いたデザインに戻り、サイド面の加工により旧型よりもグリップ感が若干増しているように感じます。

 

iPhone 12 miniの特徴としては、5G対応スマホとしては世界最小クラス(発売時点)であることです。

5.4インチサイズなので、iPhone 12シリーズの中ではダントツ楽に片手操作が可能な上、性能はiPhone12と同等です。

 

現在私が使用しているiPhone SE(第2世代)は4.7インチサイズなので、iPhone 8以前の機種を使用してきた人たちには慣れるまで少し大きく感じるかも…?と思っていたのですが、よくよく調べると幅はほぼ同じ。

iPhone iPhone 12 miniのほうが7ミリ程度縦に長くなる感じです。

ホーム画面上部にあるアプリアイコンをタッチしたときや、通知バーを確認するときに若干使い勝手の差を感じるかもしれませんが、とにかく画面は見やすくキレイで、カメラの性能や画質も評判です。

ナイトモードが使えるデュアルカメラ(超広角・広角)も搭載なので、カメラ好きさんにもおすすめです!

 

ちなみにiPhone SE(第2世代)と比較すると15g(ミニトマト1個分くらい)軽くなっているので、寝ながら長時間使用する人とかには腕がだるくなりにくいかもしれません。長時間使う人にはたった15gの影響が結構大きかったりするんですよね。

 

防水防塵性能についてはiPhone SE(第2世代)ではIP67等級(最大水深1メートルで最大約30分)ですが、iPhone 12 miniはなんとIP68等級(最大水深6メートルで最大約30分)へとタフさも増しています。

 

色はブラック、ホワイト、PRODUCT(RED)グリーン、ブルーの5色展開で、ブルーが一番人気。

ブルーと言っても実際はちょっとネイビーっぽい感じの色合いです。

 

価格はAppleから購入する場合64GBで74,800円(税別)、128GBで79,800円(税別)、256GBで90,800円(税別)となっています。