Googleフォト容量無制限を廃止。2021年6月以降は15GB以下のみ無料に

Googleフォトでは現在のところ「高画質」なら容量無制限かつ無料でバックアップが可能となっており、「元の画質」でバックアップする場合15GBまで無料のストレージが無料で利用可能で、15GB以降は追加のストレージを購入する必要がありましたが、2021年6月1日以降は高画質でバックアップする場合であってもGoogleアカウントの保存容量から使用されると発表されました。


よって2021年6月1日以降、Google アカウントに付随する無料の15GBストレージまでは無料となりますが、GoogleフォトとGoogleドライブとGmailで15GB以上の保存容量を使用する場合は「Google One」で追加のストレージを購入する必要がでてきます。

 

料金プランは15GB以下無料、100GBが月学250円または年額2500円、200GBが月額380円または年額3800円、2TBが月額1300円か年額1万3000円となっています。

 

Gmail、Googleドライブ、Googleフォトは世界の数十億人に毎日使用され1日あたりのアップロード量はは4300TB以上で、近年使用率も増加傾向にあることから安全な管理と保存を提供することを理由にポリシーの変更を行うことにしたそうです。

 

今までの写真や動画はどうなるのか不安な方も多いと思いますが、6月1日以前に高画質でバックアップされた写真と動画については15GBの無料ストレージにはカウントされないとのこと。

 

ただし、使用されていないGoogleアカウントのポリシーも変更され、Gmail、ドライブ、Googleフォトのサービスのうちいずれかで2年間以上利用がない場合や、2年以上ストレージ容量を超えた状態が継続した場合にファイルを削除する可能性があるとのことです。

 

近々Googleからストレージ容量内の容量を簡単に確認でき、不要なアイテムやサイズの大きいファイルを削除しやすくする管理ツールを提供予定とのことなので、長年放置していたメール、写真、ファイルなどを整理するいいきっかけになるかもしれません。