通勤等に便利なアプリ「駅.Locky」ウィジェットに対応

私が以前愛用していたアプリ「駅.Locky」がiOS14以降のウィジェットに対応しました!

 

結構長い間使っていたアプリだったのですが、まさにウィジェットに対応していなかったからいつの間にか使わなくなってしまったんですよね…。


ただ今回はウィジェットに対応したとのことで、早速アプリを再度ダウンロードしてウィジェットに。

使ってみたところ案の定便利なので、心を新たにご紹介致します!!

 

アプリ「駅.Locky」は最寄り駅や帰宅時に乗車する駅、よく使用する駅などを予め登録しておくことで、次の電車の発車時刻をカウントダウン形式で表示してくれる超便利アプリです。

例えばダッシュして駅に着いたのに電車がちょうど発車してしまった…、逆に早く付きすぎてこんなに急ぐ必要がなかった…など、このアプリがあればそういうちょっとした悔しい思いをせずに済みます。

 

 

発車時刻のカウントダウンをウィジェットとし設置する場合、アプリのダウンロード後、時刻表データを取得するために「アプリ内の下部のデータ管理>時刻表のダウンロード>駅リスト選択もしくは現在地周辺の駅を検索」から駅の設定を行ってください。

 

ウィジェットで表示する駅や方面については、「データ管理>基本設定>起動デフォルト時刻表に設定」から時間帯と駅を選択してください。

嬉しいのは時間帯と駅が選べるところ。

朝の時間帯は最寄りの駅、帰りの時間帯は通勤先で利用している駅と、時間帯によってウィジェットで表示してくれる時刻表も変わるので便利です。

 

ホーム画面へのウィジェットの追加は、「ホーム画面の空きスペースを長タップ(またはいずれかのアプリを長タップしメニュー内のホーム画面の編集をタップ)>ホーム画面右上の「+」マークをタップ>「駅.Locky」をタップ>ウィジェットサイズを選択>ホーム画面の任意の場所に設置」で完了です。

 

今時期は新型コロナウィルスの影響で飲み会などもできなくなってしまいましたが、終電の時間が気になるときでも相手に気を使わせずにサッと確認できたりするので結構重宝しています。

 

【駅.Locky(無料)】

https://apps.apple.com/jp/app/%E9%A7%85-locky-%E3%82%AB%E3%82%A6%E3%83%B3%E3%83%88%E3%83%80%E3%82%A6%E3%83%B3%E5%9E%8B%E6%99%82%E5%88%BB%E8%A1%A8/id335126084