iPhoneバッテリー節約対策


iPhoneのバッテリーの減りが早いと感じる方は省電力に有効な設定をしておきましょう。

 

iPhoneのバッテリー消費の大きな原因はディスプレイ表示です。ディスプレイの明るさを低くする・画面が消えた状態(スリープ)までの時間を短く設定することで大きな効果があります。明るさは自動調整でも基本的に問題ないが、暗くしておけばバッテリーのもちは明らかに長くなります。

またWiFiゆBluetoothなどのネットワーク通信も電力の消費が多いので使用しないときはオフにしておくほうがいいでしょう。

その他、アプリの中には勝手に起動して電力をたくさん消費するものもあるので使わないものは削除(アンインストール)しましょう。

 

iPhoneバッテリー節約まとめ

①スリープするまでの時間を短くしましょう

②ディスプレイの明るさをできる限り暗くしましょう

③GPSの位置情報サービスはオフにしましょう

④不要なアプリは削除しましょう

⑤起動中の使わないアプリはまめに終了しましょう

⑥アプリの自動同期・通知などをオフしましょう

⑦BluetoothやWiFiをオフにしましょう

 

→いろいろ試したけど改善しない場合はバッテリーの交換をお勧めします。


 

iPhoneのバッテリー交換はスマートリペア大阪