iPhone入力トラブル


■iPhoneで使える文字入力はどんなものがあるか?

 

iPhoneでは大きく分けて2種類のキーボードを利用できます。一つが携帯電話と同じレイアウトのテンキーキーボードです。もう一つはパソコンのキーボードと同じレイアウトQWERTYキーボードがあります。これらはキーボードの左下にある地球マークをタップすれば切り替えることができます。何度か試して自分が使いやすいキーボードを選択しましょう。

 

 

■フリック入力で文字を入力

 

テンキーキーボードでは従来の携帯電話のようにボタンを押した回数で入力するだけでなく、指を頭文字から上下左右にスライド(フリック)させて文字を入力するフリック入力も利用することができます。例えば(に)を入力するには(な)から←へフリックすればよい。このフリック入力は文字の配置を覚える必要がありますが、覚えれば何度もキーを押す必要がある携帯電話入力よりも高速な文字入力が可能です。頭文字が長押しすると文字候補が表示されるのでなれないうちはその候補を確認しつつ入力したい方向に指をフリックしていきましょう。なおテンキーキーボードには日本語のほか、英字キーボード・数字・記号キーボードも備わっているが、それらもフリック入力が可能です。

 

 

■QWERTYキーボードで文字を入力するには

 

パソコンのキーボードとほぼ同じレイアウトで入力できるのがQWERTY(クワーティー)キーボードです。入力の方法はパソコンと同じでローマ字の入力で行う。文字のローマ字読みを入力すると変換候補が表示されるのでタップで選択。もしくはパソコンと同じようにスペースキーをタップして候補を変更できます。

 

 

■間違って消してしまった内容を復元する

入力の途中で間違って消してしまった。このようなときは入力し直さなくてもiPhone本体を左右にシェイク(振る)すると、直前の操作をやり直すという動作になり取り消しボタンをタップすると消してしまった文字を復活させることができます。

 

 

■利用しないキーボードの削除

iPhoneには複数のキーボードが用意されており、地球マークをタップするたびに切り替わっていきます。しかし全く使わないキーボードがある場合はキーボードの設定で切り替え候補から削除することができます。

設定→一般→キーボード→キーボードとタップ。右上の編集ボタンをタップ。

削除したいキーボードの-ボタンをタップし削除をタップでOK

 

 

■読みがわからない漢字の入力方法

読み方がわからない漢字を入力するときに便利なのが手書き入力です。日本向けのiPhoneでは手書き入力キーボードがサポートされていないが、中国語ー簡体字 手書きキーボードを追加することで画面にタッチしての手書き入力が利用できるようになります。

設定→一般→キーボード→キーボー→新しいキーボードを追加→中国語ー簡体字 手書きをタップしてキーボードを追加できる。

 

 

■音声文字入力

キーボードにある音声入力ボタンをタップするとiPhoneに話しかけての文字入力が可能になります。句読点もてん・まるといえば入力できる。改行したい場合もかいぎょうといえばOK。音声入力はSiriを有効にしていなければ利用できないです。

キーボードの左下にある音声入力ボタンをタップ(Siriを有効にするには設定→一般→Siriをタップ

iPhoneの向かって入力したい言葉を話しかけ、入力を確定するには完了をタップ。

 

 

■iPhoneのユーザー辞書登録

利用頻度の高い単語や交換に手間取る漢字、固有名詞はユーザ辞書に単語登録しておくと素早く変換することができます。また(かお)で顔文字を登録したり(じゅうしょ)で自分の住所(めーる)で自分のメールアドレスに変換されるように登録しておくと変換候補から素早く入力することができる。

設定→一般→キーボード→新規単語を追加とタップ

単語の変換とよみかたをそれぞれ入力し、保存をクリックするとユーザ辞書に登録されます。登録数が多くなるとユーザ辞書がボタンになるので新規単語を追加する場合はタップ。登録単語一覧から登録していく手順に変化します。

 

 

■文字のコピー・ペースト

ホームメージなどに掲載されている商品情報や重要な項目、URLなどをメモやメールなどのほかのアプリで入力したい場合は文章の範囲を選択してのコピーそしてペースト機能を使えばよい。パソコンのマウス操作と同じくiPhoneではタッチ操作、画面の長押しでコピー&ペーストが利用できます。

コピーしたい文字の始まりの部分を長押し。青く選択されるので、ピンをドラッグして範囲の選択を変更する。

範囲を決定できたらメニューのコピーをタップする。

貼付けたいアプリを開き、貼付けたい箇所を長押しして、メニューのペーストをタップ

コピーした文字が貼付けられる。

※範囲の始点と終点を2本の指でタップすると簡単に範囲を選択できます。

※ダブルタップで単語単位の選択も可能です。

 

文字入力がおかしく変換される・文字入力ができない。タッチが反応しない場合はiPhoneのタッチパネルの不良、内部OSのエラーが考えられます。そんなiPhoneの故障のときはスマートリペアにまずはお電話を!