iPhone電源トラブル


■iPhoneの電源を完全に切るには?

 

iPhoneを長期間使わない時、もしくは病院や優先席付近など、通話・通信を利用したくないエリアではiPhoneの電源を切っておきましょう。電源を切るには本体上部にあるスリープ・スリープ解除ボタンを長押しすると、電源オフのバーがでてきます、そのバーを右にスライドさせれば電源が切れます。画面が暗くなるスリープ状態とは違い、電話やメールの着信などは再び電源を入れるまでは行うことができません。電源を再び入れるにはスリープボタンを長押しで電源がオンになります。

 

 

■iPhoneの画面が自動的に暗くなるまでの時間を変更したい

 

iPhoneにしばらく触らないと自動的に画面のバックライトが消灯し、タッチ操作を受け付けなくなりバッテリーを節約するスリープ状態になります。初期設定ではスリープ状態になるまでの時間はやや短めなので、意図せずスリープになってしまうことがあります。スリープ状態になるまでの時間を延ばしたい場合は自動ロックの設定を変更しましょう。 設定→一般→自動ロック 自動ロック開始までの時間を変更できます。